読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこのブログ

そこのオタクの自己満足系イベ参加ログ

小原家主催☆あわしまで「年越し初シャイニー」ツアー!!

f:id:soko-no-otaku:20170102212138j:plain

2016年のイベ納め()に『小原家主催☆あわしまで「年越し初シャイニー」ツアー!!』に参加してきました。 新年早々、想像を超えた経験をさせてもらえた最高のツアーだったので、レポの形で忘れないうちに記録しておきます。

来年度以降(もしあればですが)参加したい、という方や、雰囲気だけでも知りたい、という方の参考になれば。

星がきれい

f:id:soko-no-otaku:20170102212446j:plain:h360

往路は淡島ホテルのバスに乗って、予定の19時を10分ほどまわって新宿西口から出発しました。

渋滞もなく、足柄PAで休憩をとったあと気づくとおなじみの県道17号線を走ってました。 東京から電車とバスを乗り継いでいくことを考えると圧倒的に楽です。 あわしまマリンパークへの到着は21時半ごろだったので、実質的な移動時間としては2時間程度ですね。

f:id:soko-no-otaku:20170102212642j:plain:h360

バスを降りると、駐車場に浦の星女学院キッチンカーが展開していました。 が、ツアー客はすぐに淡島へ渡る雰囲気だったのでとりあえず見送り…

f:id:soko-no-otaku:20170102214010j:plain:h360

大きい方のAqours丸に乗船して淡島へ向かいました。 ここからもう淡島神社の参道を照らす提灯がぽつぽつと見えて(写真にもちょっとだけ写ってます)幻想的な感じだったんですが、 そこからさらに目線を上げたら視界に飛び込んできたプラネタリウム並の満天の星空がやばすぎてやば珈琲になりました(語彙)

船が動き出して廃線ロープウェイの真下を通過したときに見上げたロープウェイの線と星空は、 いつかは廃れてしまう人工物/悠久の時を越えて存在し続けてきた自然界、というコントラストを際立たせていて大変エモかったですね…(ポエム)

オリオン座などの星座もはっきりと分かりましたし、果南ちゃんの趣味が天体観測なのも納得です。

年越しAqours蕎麦

島へ上陸後は離宮(海上レストラン)に案内されました。テーブルには

  • 年越しAqours蕎麦
  • Aqours海苔3枚セット(学年ごと、どれかひとつ)
  • 年越し記念シール(果南ちゃん)
  • Aqoursウォーター
  • コラボ絵馬

が既に用意されていました。

年越しAqours蕎麦は、具だくさんで特にかき揚げの食べごたえがあって大変おいしかったです(一昨年カップ年越し蕎麦だった人並感)

食べ終わったあとは、初日の出クルージングの集合時間である6時前まで自由時間になりました。 とりあえず水族館に入ったところ、水槽の照明は落とされていて、魚たちもおとなしい気がしました。 疲れ果てたオタクたちが館内の椅子でおとなしくしていたのも含めて、なかなか見られない光景でしたね。

カエル館も行けました。夜にこういうとこ入れた機会は初めてだったので楽しかったです。

f:id:soko-no-otaku:20170102223406j:plain:h360

あと、夜間はさすがに島を一周する道は通行止めになってましたね(通行止めじゃなくても怖すぎて無理)

淡島神社で初詣

f:id:soko-no-otaku:20170102224224j:plain:h360

そうこうしているうちに新年まで1時間を切ったので淡島神社への参道を登ることにしました。 参道の入口に絵馬の記入をするテントがあるので、そちらで用意してから登り始めます。

f:id:soko-no-otaku:20170102224346j:plain:h360

参道沿いに設置された提灯のおかげで、懐中電灯の用意などなくても安心して登ることができました。提灯きれい。

f:id:soko-no-otaku:20170102224138j:plain:h360

いやそれにしてもやっぱりこの階段はしんどい…果南ちゃんやば…などど思いつつ、なんとか頂上につくと、初詣待機列が既に形成されていました。

山頂の細い道で、提灯の赤い光に照らされながらたくさんのオタクに囲まれて新年を待つのは非日常感が半端なかったです。 新年の数十秒前からはどこからともなくカウントダウンの声があがり、新年になった瞬間には「あけましておめでとう!」「ダイヤさん誕生日おめでとう!」の声が飛び交ってました。楽しい。 あとみんなおみくじ代わりにスクフェス11連やってて、同行オタクが新規URダイヤさん引いてたので便乗して僕もやったんですがまあこれでしたね。

そんなことをしつつ、初詣を済ませ絵馬を掛けて下山しました。参拝待機列がかなり伸びていたのには驚きました。 (山頂の鳥居から下りた岩場みたいなところまで列が伸びていたと思います。)

し い た け マ ド レ ー ヌ

f:id:soko-no-otaku:20170102225620j:plain:h360

下山して今度はうみねCafeへ。 年越し限定メニューのしいたけセットがあったので注文。 梨子ちゃんをイメージした感じのロールケーキとしいたけマドレーヌに、ドリンクがセットになったものです。 注文時、Aqours蕎麦に付いてきた果南ちゃんシールと対になる鞠莉ちゃんシールをもらいました。 かなまり…(果南ちゃん・うみねちゃんのシールも選べました)

このしいたけマドレーヌですが、なんでしいたけをマドレーヌに入れたの独特な食感が楽しめました。 下に敷いてある紙は何種類かあるみたいでした。しいたけイラストの切り抜きが雑コラで笑いました手作り感があってよかったです。

f:id:soko-no-otaku:20170102230615j:plain:h360

離宮鑑賞会

一通り島を回ったので、仮眠スペースとして開放されていると事前に告知のあった離宮に戻ると、 テレビが設置されサンシャイン!!のアニメ本編が放映されているという超待遇でした。

いやほんとありがとうございます…まさか淡島でアニメ本編を見られるとは思わなかった…。 8話で果南と鞠莉が暗くなった淡島の桟橋ですれ違うシーンなんか淡島で見るとやばい(やばい)

そのまま13話まで見たあと1話に戻ってまた見ているうちに、クルージングの集合時間が来ました。

初日の出クルージング

既に山の向こう側が白くなってきた午前6時頃、大きい方のAqours丸に乗り込み、クルージングに向かいました。 初日の出スポットに向かうまでは高速で航行するので、安全のため全員着席。

f:id:soko-no-otaku:20170102232331j:plain:h360

途中淡島ホテルからのクルーザーが並走していました、かっこいい!!! 鞠莉ちゃんが乗ってるものだそうです。これかな?(画像は電撃G's magazine.comから引用)

f:id:soko-no-otaku:20170102231951j:plain:h360

6時半頃、スポットに到着して初日の出を待ちます。場所はここです。

とにかく寒かった…どういう現象なのかは知らないんですが、空が明るくなってきたときに富士山が赤く色付いて見えました。

f:id:soko-no-otaku:20170102233434j:plain:h360

富士山もダイヤ推しか??などと会話しているうちに、初日の出の瞬間がきました。

f:id:soko-no-otaku:20170102233902j:plain:h360

こんなにちゃんと初日の出を見たことはなかったので、その昇ってくるスピードの速さ、昇ってきてからの明るさ…すべてがダイナミックで感動しました。 ちょうど大瀬崎沖から見ると淡島や内浦の方面から太陽が昇ってくるので大変エモかったですね…。

その後、沼津港沖を経由したんですが、海霧がまた綺麗で…。

f:id:soko-no-otaku:20170102234647j:plain:h360

シャイニー丸も一目見ることができました。

f:id:soko-no-otaku:20170102234757j:plain:h360

そのまま陸に帰って、今度はバスで沼津駅前の「SUN!SUN!サンシャインCafe」に向かいます。

おせち

SUN!SUN!サンシャインCafeでこちらの朝食をいただきました。(半屋外なので寒かった…) お雑煮やおせち風の小皿はもちろん、ダイヤさんの誕生日なので抹茶風味のお菓子があったりして、お正月の雰囲気を楽しめましたね。

サプライズということでケーキも用意されていました。ダイヤさんなら「AqoursのAは大文字のAですわ!」とか言いつつも嬉しさを隠しきれない感じでいてほしい(オタク特有の妄想) ちなみにこのケーキ、当日18時ごろから切り分けて販売されました。おいしかったです。

f:id:soko-no-otaku:20170102235636j:plain:h360

ここで解散ということでした。あわしまマリンパークのスタッフさん、関係者のみなさん、一緒に行動してくれたオタク、ありがとうございました! 初詣や初日の出が良い思い出になったのはもちろん、夜の淡島の星空がきれい、という本質情報に触れることができたのは予想外の収穫で、 やっぱり行ってみないと分からないことがあるんやな、ということを改めて実感しました。

また来年度も以降も開催されると良いですね!